fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その592 日本三大奇祭奥州市の黒石寺「蘇民祭」1200年の歴史に幕

Category : 読書
日本三大奇祭奥州市の黒石寺「蘇民祭」1200年の歴史に幕

日本三大奇祭」に名前のあがる「なまはげ柴灯まつり(男鹿のナマハゲ)」、「吉田の火祭り」、「国石寺蘇民祭」。千年以上の歴史があるとされる岩手県奥州市の黒石寺の奇祭「黒石寺蘇民祭」が17日夜、開かれた。御利益があるとされる「蘇民袋」を、上半身裸で下帯姿の男衆が奪い合うことで知られる伝統行事。関係者の高齢化や担い手不足を理由に今年で最後となった。蘇民祭は通常、旧暦正月7日の晩から8日の早朝に行われてきたが、今年は午後6時から時間を短縮して実施。祈願者が角灯を持ち、川で身を清めた後、「ジャッソウ、ジョヤサ」の掛け声と共に薬師堂などを巡り、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈った。この“奇祭”が全国に知れ渡ったきっかけは16年前に起きた、ある騒動。2008年に制作された蘇民祭のポスターが、胸毛を蓄えた髭面の男性をメインビジュアルに、市が制作したが、これが“不快感を与える”として、JR東日本が駅での掲示を拒否したことで注目された。蘇民の由来は、その昔、旅人に姿を変えた薬師如来の化身・牛頭天王を厚く遇した蘇民将来という人の名に由来し、年の初めに玄関や神棚に飾る。秋田の「なまはげ」は全国的にもよく知られていますが、岩手の「黒石寺蘇民祭」は知りませんでした。まだまだ全国的には知られていない、その地方の伝統的なお祭りが、多くありそうです。

蘇民祭1

蘇民祭2

蘇民祭3

「911代理店」──米国の緊急番号になぞらえて設立されたこの会社は、あらゆるトラブルの解決を目的とした民間企業である。そこの天才ハッカー・篠崎玲奈は、解離性同一性障害であり、昼間は沙羅という人格で事務仕事をしていた。だがある日、その沙羅が目を覚まさなくなる! 枕元には、彼女を虐待し、二つの人格を持つ原因となったと思われる母親からの手紙が──。仲間を過去のくびきから解放し、取り戻せ! 個性溢れる社員が駆け巡る、最強アクション第四弾。
(角川春樹事務所より)

渡辺裕之(わたなべ ひろゆき)
1957年名古屋市生まれ。中央大学経済学部卒業。アパレルメーカー、広告制作会社を経て、2007年『傭兵代理店』でデビュー。同作はその圧倒的な筆力と現代の紛争・危機をリアルに描いたことでたちまち人気シリーズとなり、アクション小説界の旗手となった。

本1

衰退を続ける地方都市に倦く女子高生・響子の目の前で、幼馴染の遥が電車に飛び込み自殺する。以来、響子の耳には死んだ遥の悲痛な囁きが聞こえてくる。続いて起こる児童惨殺と飼い犬殺し、男友達の失踪。ついに牙を剥く荒んだ町の暗部の正体は? 渇いたバイオレンスの深町節が炸裂する書下ろしミステリー。「ダウン・バイ・ロー」――アメリカの刑務所のスラングで「親しき友を見守る」という意味。
(講談社より)

本2

振り売りには珍しい、高級品の白砂糖を扱っていた亀造が何者かに殺された。男の忘れ形見を行掛り上預かることとなった三川屋の文吉は、その白砂糖の出所を探りはじめるが―。亀造は御禁制の抜け荷を行なった罪人なのか?文吉は、砂糖商いが絡んだ大事件にいやおうなしに巻き込まれていく。大好評シリーズ、感動の最終巻。
(文春文庫より)

本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: