fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その585 2023年は、大谷翔平に始まり大谷翔平で終わる

Category : 読書
2023年は、大谷翔平に始まり大谷翔平で終わる

今年もあと数日になったが、野球界を見てみると、大谷翔平選手の話題がダントツに多かった。3月22日『2023 WBC』の決勝戦が行われ、侍ジャパンがMLBを代表する選手たちを揃えたアメリカを3対2で下し、7戦全勝で3大会ぶり3回目の優勝を果たした。特に印象に残ったのが、決勝戦でアメリカの主将を務めるマイク・トラウトと対峙。フルカウントからキレ味鋭いスイーパーでトラウトのバットが空を切ると、大谷はグラブと帽子を放り投げ感情を爆発させると、選手たちが勢いよく飛び出し中心に歓喜の輪ができた。まるで絵に描いたようなクライマックスで、侍ジャパンは2009年の第2回大会以来3大会ぶりの世界一奪還。大会最多となる3回目の頂点に立った。大リーグ今季の最優秀選手(MVP)が11月16日に発表され、ア・リーグは投打「二刀流」で好成績を残した大谷翔平投手(29)が2年ぶり2度目の満票で選ばれた。MVPが発表されたMLBネットワークの番組に大谷と一緒に登場した犬がSNSで大きな話題を呼んだ。発表の瞬間、ハイタッチした姿に「ワンコとハイタッチする大谷翔平サン。かわいすぎる!!」「何もかもがバグる!もう好きすぎる!」など興奮のツイートが相次いだ。12月には、フリーエージェントとして注目を集めていた大谷翔平選手は、最有力候補と言われ続けたロサンゼルス・ドジャースと契約を結んだ。彼は、以前から9月にヒリヒリする様な試合をしたいと発言していて、高校生の時から勧誘のあった大本命のドジャースに決まり大多数のファンは納得した。おまけに、大谷の年棒97%後払いにより、日本を代表する山本由伸投手までドジャース入りした。来年の大谷翔平選手の活躍する姿が、目に浮かぶようで楽しみな一年になりそうな気がします。

大谷1

大谷2

大谷3

種子島銃の伝来は、日本と西洋文明との出会いだった。天文十二年、種子島に鉄砲が伝来した。この時、領主・種子島時堯は日本を植民地化から守る選択をした。今後、鉄砲は“買う"のではなく“作る"のだと。その頃、織田信長は吉法師と呼ばれ、那古野に城を与えられたばかり。弱小ながらも、鉄砲に出会った吉法師は目を爛々と輝かせ、天下取りを確信した。以来、根来寺に鉄砲を作らせ、堺の商人・今井宗久らに火薬を調達させ、戦場で新たな戦法を試み、築城の方法まで変えていった――武士の魂を抱きつつ、ヨーロッパ文明を最大限に活用した信長と新しい道を歩み始めた日本を描く!
(Amazon.co.jpより)

門井慶喜(かどいよしのぶ)
1971年生まれ 。同志社大学卒。2003年に「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞。15年『東京帝大叡古教授』が第153回、翌16年『家康、江戸を建てる』(祥伝社文庫)が第155回直木賞候補に。同年『マジカル・ヒストリー・ツアー』で第69回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。18年『銀河鉄道の父』で第158回直木賞を受賞する。著書に『かまさん』『東京、はじまる』ほか多数。

本1

居酒屋店主の円堂のもとに、バブル時代、ともに荒稼ぎをした盟友の中村から電話が入る。当時、「地上げの神様」と呼ばれ、バブル崩壊後、姿を消した二見興産の社長の愛車で、20億円の価値があるクラシックカーの目撃情報が入ったという。20億円の車をめぐってバブルの亡霊たちが蠢き出す、大沢ハードボイルドの新境地。
(双葉社より)

本2

北森下町にある長屋を仕切るお美羽は器量はいいが、言い寄る男を川に放り込み、店賃の払いが悪い家の障子を叩き割るほど気が強い。そのせいか二十一歳で独り身だ。ある春、火事が続き、長屋や呉服屋でもボヤが出た。呉服屋の若旦那は、役者にしたいほど整った顔立ち。彼に惹かれたお美羽は火事の真相を探るのだが......。切なすぎる時代ミステリー!
(幻冬舎より)

本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: