fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その584 元関脇・寺尾の錣山親方死去 “井筒3兄弟”早すぎる死

Category : 読書
元関脇・寺尾の錣山親方死去 “井筒3兄弟”早すぎる死

大相撲の元関脇寺尾で甘いマスクと気っぷの良い突きや押しといった取り口で人気を博した錣山親方が死去したことが17日、分かった。60歳だった。元関脇・鶴ケ嶺の三男として生まれ、最愛の母の遺言「相撲取りになって」の言葉で、高校(東京・安田学園)を2年生で中退して、井筒部屋へ入門。同年名古屋場所、母の旧姓である「寺尾」のしこ名で初土俵を踏んだ。長男の元十両鶴嶺山は急性心不全のため60歳で死去、次男の元関脇・逆鉾は、58歳で死去。寺尾が60歳で“井筒3兄弟”3人とも早すぎる死となった。回転のいい突っ張りを武器に幕内上位で活躍し、通算出場1795回は歴代4位で、幕内在位93場所は6位。殊勲、敢闘賞をいずれも3度、技能賞を1度受賞した。大相撲の、歴代イケメン力士-寺尾、旭豊、隆乃若と言われおり、写真で見る様な良い男ぶりでした。また、寺尾は北島三郎の「歩」の歌詞にあるような、「前に出るより能なし野郎、吹けば一番と飛ぶだろう、だけど勝負は一対一よ、王将(横綱)だろうと何だろと、後にゃ引かない俺のみち」が大好きで、彼の生き様を表しているようで、心情的に応援をしていた相撲取りだけに、早すぎる死は、非常に残念でなりません。

寺尾1

寺尾2

寺尾3

抗争か、半グレの怨恨か――“史上最弱"!?の刑事が大活躍!甘糟達夫は「俺のこと、なめないでよね」が口ぐせのマル暴刑事だ。ある夜、多嘉原連合の構成員が撲殺されたという知らせが入る。コワモテの先輩・郡原虎蔵と捜査に加わる甘糟だが、いきなり組事務所に連行されて――警察小説史上、もっとも気弱な刑事の活躍に笑って泣ける〈マル暴〉シリーズ第一弾。〈任俠〉シリーズの阿岐本組の面々も登場!
(Amazon.co.jpより)

今野敏[コンノビン]
1955年北海道生まれ。上智大学在学中の78年にデビュー。警察小説の人気シリーズを数多く手がける。99年より空手道今野塾を主宰、臨場感溢れる武道小説にも定評がある。2006年『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、08年『果断隠蔽捜査2』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞を受賞。

本2

チンピラが路上で睨みあっているとの通報を受けて、現場に駆けつけた北綾瀬署のマル暴刑事・甘糟。人垣に近こうと思ったそのとき「待て、待て、待て」と大きな声がかかり、白いスーツを来た恰幅のいい男が割って現れた。翌日の夜、チンピラのひとりが刺殺体で発見される。捜査本部が立ち上がり甘糟とコワモテの先輩刑事・郡原も参加するが、捜査線上に浮かんだ意外すぎる人物に翻弄されることに――。“史上最弱の刑事"甘糟の奮闘ぶりに笑って泣ける〈マル暴〉シリーズ、待望の第2弾。
(Amazon.co.jpより)

本1

19歳、童顔のアイドル・高梨美和子はデビューすぐさまトップの座へのぼりつめた。その実彼女は、カリフォルニア大を卒業、理論物理学と哲学の修士号をもつ天才だった。虚栄にまみれた芸能界では、クスリや秘密売春、大手芸能プロの暴力沙汰など事件がいっぱい。
(Google Booksより)

本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: