fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その581 100万人が集まった、阪神・オリックスの優勝パレード

Category : 読書
100万人が集まった、阪神・オリックスの優勝パレード

プロ野球の阪神タイガースとオリックス・バファローズのリーグ優勝を記念したパレードの実行委員会は23日、沿道などへの来場者は延べ100万人だったと発表した。実行委によると、パレードの来場者数は、午前の大阪(オリックス)が20万人、神戸(阪神)が30万人。午後の大阪(阪神)は35万人、神戸(オリックス)は15万人に上った。両方足すと、阪神が65万人、オリックスが35万人とやはり阪神が倍近く多かった。午前11時からのオープニングセレモニーで岡田彰布(あきのぶ)監督が「タイガースとしては日本一の栄冠を勝ち取って初めてのパレード。熱い声援のお礼をしたい」こう挨拶すると、大きな拍手と歓声がわき起こった。選手らは、赤い2階建てオープンバス3台に分乗。神戸市中央区の東遊園地前からメリケンパークまでの約2キロを1時間ほどかけてゆっくりと進んだ。午後2時からの御堂筋パレードでは、岡田監督が6年間通った愛日小学校前からスタートし、監督の小学校の同級生たちが、横断幕を持って集まった。その昔、立教大学で長嶋と同期の杉浦忠投手が4連投して、南海が巨人を4勝0敗で日本一になった。【1959年10月31日=涙の御堂筋パレード】(優勝パレードでは、鶴岡監督が2年前に亡くなった妻の位牌を抱きながら、集まった20万人のファンに涙ながらに手を振った)日本一から2日後に行われた御堂筋パレード。コースは、なんばの高島屋から梅田の阪急百貨店まで。沿道に20万人が駆けつけ、オフィス街に花吹雪が舞った。小学校6年生の時の出来事が、今回の優勝パレードと共に、一生涯の思い出として残りそうな気がします。

パレード1

パレード2

パレード3

大手総合商社テイゲンに、同社と旧ソ連の不適切な関係を指摘する文書が届いた。現会長の糸山が、30年前に旧ソ連のスパイ活動を行ったというものだった。警察に届けるわけにいかないテイゲンは、秘密裏に危機管理会社「TCR」に解決を依頼。元刑事の長須恭介が真相究明に動き出す。そして犯人から現金10億円を要求する第二の脅迫状が届けられた。長須は、正義とクライアントの利益に葛藤しながら、巨大企業の“闇”に挑む。
(KADOKAWAより)

堂場 瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務のかたわら小説を執筆し、2000年『8年』で小説すばる新人賞を受賞。「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「アナザーフェイス」「捜査一課・澤村慶司」などのシリーズのほか、『誤断』『ルール』『複合捜査』など著書多数。

本1

皇居周辺でジョギングを楽しむ女性が立て続けに襲われる。被害者にランナーである以外の共通点はなく、通り魔的な犯行と考えられた。皇居周辺は千代田署と半蔵門署で管轄を分割しており、一之瀬は同期の半蔵門署刑事課・若杉と共に警戒にあたるが、第三の事件が発生。女性タレントが襲撃された。二人は彼女の警護を担当する。
(「BOOK」データベースより)

本2

先代藩主正森の頃から三十年にわたって仇を追っているという高岡藩の下士と出会った正紀。その侍に本懐を遂げさせるべく助力することになった。一方、北町奉行所高積見廻り与力の山野辺は、女衒のもとから恋仲の娘を奪い返そうとする、貧乏御家人の三男坊に力を貸す。関わりのなさそうなこの二つの事件は、意外なところで交わり――。シリーズ第20弾!
(双葉社より)

本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: