fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その577 2023ラグビーW杯フランス大会、南アフリカ2連覇

Category : 読書
2023ラグビーW杯フランス大会、南アフリカ2連覇

ラグビーワールドカップフランス大会は28日、決勝が行われ、南アフリカがニュージーランドに12対11で競り勝って2大会連続4回目の優勝を果たした。4回目の優勝は単独最多。前半27分ニュージーランドの主将でフランカーのサム・ケーンが危険なタックルでイエローカードを受け、映像での分析の結果、レッドカードへ引き上げられた。前半を6-12で折り返すと、後半18分にFBボーデン・バレットのトライで1点差。同33分にはCTBジョーディー・バレットが約49メートルのPGを狙ったが、逆転できなかった。南アフリカは、自国開催の95年、フランス開催だった07年、そして前回19年の日本大会に続く4度目の決勝だった。両チーム合わせて4枚のカードが乱れ飛んだ頂上決戦を制し、見事世界一に輝いた。我が日本は前回大会のベスト8には届かず、3位になったイングランドと4位になったアルゼンチンに予選リーグで惜敗したが、それでも昔と比べれば、世界の強豪チームと互角に戦えるようになった。「オールブラックス」が国際試合前に行なう儀式、ハカ(HAKA)は、ニュージーランドのマオリ族が躍る民族舞踊で、オールブラックスが1905年のイギリス遠征で初めて披露して以来、現在でもその伝統が受け継がれている。対戦相手チームが、それを腕を組んで見守っている様を見ている様子も面白い。世界ランク1位の南アフリカと2位のニュージランドの順当な決勝戦でしたが、いい試合で今大会が終了しました。

ラグビー1

ラグビー2

ラグビー3

やばい「客」を追手の手が届かない闇の先に逃がす―それが「逃がし屋」葛原の仕事だ。「極秘入国した隣国の最重要人物を捕えて逃がせ」。依頼はよりによって警察庁幹部からだった。断れば殺人犯として追われる。大阪に向かった葛原を待ち受けるのは、暗殺を狙う隣国の工作員たち。壮絶なチェイスが始まった。
(「BOOK」データベースより)

大沢/在昌(おおさわ ありまさ)
1956年3月、名古屋市生まれ。慶応義塾大学法学部中退。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。新しいハードボイルドの書き手として注目を集める。その後、『新宿鮫』(90年。吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞)、『新宿鮫 無間人形』(93年。直木賞)、『心では重すぎる』(2000年。日本冒険小説協会大賞)、『パンドラ・アイランド』(04年。柴田錬三郎賞)など、ベストセラーを次々と書き続けている。

本1

忽然と消えた「客」の背後にはもう一人の「逃がし屋」の影が…。跡を追って東京に戻った葛原を迎えたのは、工作員、在団特務、ヤクザ、公安が入り乱れる「戦争」だった。誰が裏切り者で、誰が囮なのか?殺し合いに大義はあるのか?権力をめぐる謀略と死闘が渦巻く中で、はたして「客」は逃げ切れるのか―。
(紀伊國屋書店より)

本2

安政7(1860)年、咸臨丸が浦賀港からサンフランシスコを目指して出航した。太平洋の長い航海では船室から一向に出てこようとしない艦長・勝海舟を尻目に、アメリカ人相手に互角の算術・測量術を披露。さらに、着港後、逗留中のアメリカでは、放埒な福沢諭吉を窘めながら、日本の行く末を静かに見据える男の名は、小野友五郎。男は帰国後の動乱の中で公儀、そして日本の取るべき正しい針路を測り、奔走することになる―。知られざる幕末の英雄の物語!
(「BOOK」データベースより)

本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: