fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2023年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その565 秋田・湯沢「七夕絵どうろうまつり」大小150基が市街飾る

Category : 読書
秋田・湯沢「七夕絵どうろうまつり」大小150基が市街飾る

秋田県湯沢市の伝統行事「七夕絵どうろうまつり」が5日、市中心部で開催された。会場の通りでは、日暮れとともに大小約150基の絵どうろうに明かりがともされ、描かれた美人画や浮世絵などが幻想的に浮かび上がった。湯沢の「七夕絵どうろうまつり」は、秋田藩佐竹南家七代目義安公に、京都の公卿鷹司家から「おこし入れ」された姫君が、京都への郷愁やるかたなき想いを五色の短冊に託し、青竹に飾りつけたのが始まりで、約300年前に始まったといわれている。期間中、家々では青竹に五色の短冊や吹流し等をつり下げて門前に飾るほか、浮世絵美人が描かれた大・小百数十基の絵どうろうが通りに下げられる。日暮れ時ともなれば、これらの絵どうろうに一斉に灯がともされ、市内一円が一大不夜城と化し、その色彩と優雅さは、全国にも例のないお祭り。展示される「絵どうろう」は大きなもので縦2.5メートル、横4.5メートル。「市絵どうろう保存会」のメンバーや市民達が描く。写真でしか見た事がありませんが、日本三大美人の秋田で浮世絵美人画の「七夕絵どうろうまつり」が開催されているのが、面白いと思いました。

湯沢1

湯沢2

湯沢3

ゴールデン街や区役所通りが近い、ここ“花園裏交番”は、配置人員と酒がらみのトラブルの多さから「裏ジャンボ交番」と呼ばれている。新米巡査・坂下浩介は、重森班長の下、ヤクザになったかつての恩師やビッグ・ママと恐れられる新宿署捜査一課の美人警部補に揉まれながら、欲望に忠実に生きる人間たちに対峙する―。
(「BOOK」データベースより)

香納 諒一(かのう りょういち)
1963年、横浜生まれ。91年小説推理新人賞を受賞し、92年に小社刊『時よ夜の海に瞑れ』で長編デビュー。99年には『幻の女』で第52回日本推理作家協会賞を受賞し、正統派ハードボイルド、警察小説の書き手として第一線で活躍を続ける。著書は『アウトロー』『冬の砦』『血の冠』『約束 K・S・Pアナザー』など。

本1

人付き合いが苦手そうな大学4年生・香住。デザートブッフェへの同行を依頼してきた理由は…?(第一話「バニラクッキーは砕けない」)。ヘアメイクアーティストMISA、38歳。女優志望の若手という設定で、観劇につきあってほしいというが…?(第二話「赤い花に幻の水」)。常連の翻訳家・野枝、46歳独身。検査入院するため、飼い猫の面倒を見て欲しいと言われたことから本人の過去にかかわることになり…?(第三話「臆病な猫を抱く」)。いかにもお嬢様然とした女性、26歳の綾音。婚約者の元カノも参加するというパーティに友人として同行してほしいというが…?(第四話「仁義なき女子の歌」)。
(紀伊国屋書店より)

本2

東京新橋で銀行立て籠り事件発生。男性客が刺殺された後、犯人を逮捕した。警視庁SCU(特殊事件対策班)八神は、キャップの結城から被害者藤岡を調べるよう指示される。藤岡は、40年前に機動隊員殺しで手配され、公安に追われた男だった。八神は現場の銀行へ……。犯人、被害者、公安、複雑に絡む事件の真相とは? 個々の特殊能力を発揮して極悪に挑む最強の刑事チーム始動! 書き下ろし警察小説。
(集英社より)

本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: