fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その543 卯年にピッタリ、名古屋大須の三輪神社

Category : 読書
卯年にピッタリ、名古屋大須の三輪神社

三輪神社は、元亀年間(1570~1572)小林城主であった牧長清(まきながきよ)が大和国の三輪明神を勧請したと伝わっている。江戸時代には、尾張藩主の崇敬を受ける。明治時代になり、16代藩主であった徳川義宜を合祀した。三輪大明神や三輪社とも呼ばれていたが、明治44年(1911年)に「三輪神社」となった。境内は「大物主神」のお使い「うさぎ」であふれていて、三輪神社 平尾晴美宮司の話では、このなでうさぎは『福兎』といって、なでると痛みが取れたり、幸せをもらえるという。三輪神社があるのは、買い物や食べ歩きを楽しむ地元の人や観光客などでにぎわう大須の一角で、大須観音からも近い。三輪神社には、三輪鳥居(みわとりい)という珍しい様式の鳥居で、明神鳥居の両脇に鳥居を持つ珍しい作りの鳥居のこと。全国でも20か所ほどしかない鳥居で、名古屋市内では三輪神社だけ。三輪神社のご神木は樹齢450年と推定される楠(くすのき)。この木に手を当ててご縁を願うと、良縁をいただけると言われている。名古屋には、3年間単身赴任して良く知っているつもりでしたが、大須観音には行きましたが三輪神社は知りませんでした。地元では、有名なパワースポットらしいので、また機会があれば訪れてみたいと思います。


三輪神社

三輪神社1

三輪神社2


「爆発事故発生」。一年生記者・佐藤亜紀良は深夜、ツイッターで奇妙なつぶやきを見つける。しかし、消防と警察に電話しても、同僚に現地を見てもらっても、何も起きていないという。つぶやきは単なる悪戯なのか―(「不拡散」)。五つの時代を舞台に、特ダネを追う新聞記者たちを描いた、著者渾身の短編集!
(「BOOK」データベースより)

堂場瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年、『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説など多彩なジャンルで意欲的に作品を発表し続けている。著書に「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「刑事の挑戦・一之瀬拓真」「捜査一課・澤村慶司」「ラストライン」「警視庁犯罪被害者支援課」などのシリーズ作品のほか、『八月からの手紙』『傷』『誤断』『黄金の時』『Killers』『社長室の冬』『バビロンの秘文字』(上・下)『犬の報酬』『絶望の歌を唄え』『砂の家』『ネタ元』『動乱の刑事』『宴の前』『帰還』『凍結捜査』『決断の刻』『チーム3』『空の声』『ダブル・トライ』など多数。


本1


江東区でストーカー事件が発生。被害者の長井由里は、無言電話、誹謗中傷のビラに見舞われ、地下鉄内で突き落とされてしまう。第一特殊班が警護にあたるが、怪しい人物は見当たらない。しかし係長の辰巳だけは昔担当した奇妙なストーカー事件と同じ匂いを嗅ぎ取っていた。殺しだけが事件じゃない! ...
(Google Booksより)


本2


超国家的対テロ用特殊部隊「トランプ・フォース」。国際的なテロの増加を受けて極秘に結成されたこの部隊に、一人の日本人が加わった。佐竹竜、拳法の達人である。実直な商社マンだった彼が、なぜ、いかにしてこのような生き方を選んだか。男の覚悟と決心を描く重量級バトル・アクション小説、第一弾。
(「BOOK」データベースより)


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: