fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2022年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その509 3年ぶりの博多祇園祭が始まり、「飾り山笠」が一斉に披露

Category : 読書
3年ぶりの博多祇園祭が始まり、「飾り山笠」が一斉に披露

博多の夏を彩る「博多祇園山笠」の飾り山が1日午前、福岡市内13カ所で一斉に公開された。今年は、コロナ禍で見送られていた「舁(か)き山」が3年ぶりに復活する。博多祇園山笠は700年以上の歴史がある博多伝統の夏祭りで、初日は高さ10メートル前後にもなるけんらん豪華な飾り山笠の公開が福岡市内の商店街など13か所で一斉に始まった。東流の飾り山笠は源義経の逸話が題材で、「表」には都落ちした義経が弁慶の機転によってピンチを切り抜ける様子が力強く表現されている。博多区の上川端商店街にお目見えしたのは、「走る飾り山笠」として知られる八番山笠・上川端通の飾り山。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」をモチーフに、鵺(ぬえ)を退治する源頼政の人形が目を引く。反対側の見送りには、美しい立ち振る舞いの出雲の阿国が姿を見せた。「疫病退散」の願いが込められているという。福岡市は、江戸時代から明治初頭、その中心部を流れる那珂川(なかがわ)を境に西側は城下町「福岡」、東側は商人のまち「博多」として栄えた。のちに統合して今の福岡市へと発展を遂げるが、那珂川の東は「博多区」としてかつての名を残す。勇壮な、3年ぶりの博多祇園祭で、観光客で博多の街も賑わう事と思われます。


飾り山笠1

飾り山笠2

飾り山笠3


一度にひとりずつ、百物語の聞き集めを始めた三島屋伊兵衛の姪・おちか。ある事件を境に心を閉ざしていたおちかだったが、訪れる人々の不思議な話を聞くうちに、徐々にその心は溶け始めていた。ある日おちかは、深考塾の若先生・青野利一郎から「紫陽花屋敷」の話を聞く。それは、暗獣“くろすけ”にまつわる切ない物語であった。人を恋いながら人のそばでは生きられない“くろすけ”とは―。三島屋シリーズ第2弾!
(「BOOK」データベースより)

宮部/みゆき
1960年東京生まれ。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年『理由』で直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞を受賞。02年司馬遼太郎賞と芸術選奨文部科学大臣賞文学部門、07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞、08年英訳版『BRAVE STORY』でBatchelder Awardを受賞。


本1


倶知安町郊外の古い廃工場の中、背中に強い衝撃を受けて関口啓子は倒れた。気がついたとき一人の男が…。その男は通称“丸秀”と呼ばれ、大工をしながらひっそりと生きている男だった。“丸秀”とはいったい何者なのか?関口の問いに何も語らない“丸秀”。しかし、彼は何かを恐めている。その恐れているものとは何なのか。北海道を舞台に描く逃走と追跡の物語。
(「BOOK」データベースより)


本2


神奈川で現金輸送車の強盗事件が発生し、犯人の一人に鎌田光也の名が挙がった。鎌田は一年前、ストーカー行為をしていた村瀬香里のアパートに不法侵入したところを小島百合巡査に発砲され、現行犯逮捕された。だが、入院中に脱走し指名手配されたまま一年が経ってしまっていたのだ。一方、よさこいソーラン祭りで賑わう札幌で、鎌田からと思われる一通の脅迫メールが香里の元へ届く。小島百合は再び香里の護衛につくことになるのだが…。大人気道警シリーズ第4弾。
(「BOOK」データベースより)


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: