FC2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その438 大坂なおみ、2年ぶりの全豪OPテニス優勝!

Category : 読書
大坂なおみ、2年ぶりの全豪OPテニス優勝!
女子シングルス決勝で、大坂なおみが世界ランキング24位のジェニファー・ブレイディ(25=米国)に6―4、6―3で快勝し、2年ぶり2度目の優勝を果たした。4大大会4勝目を挙げ、優勝賞金275万豪ドル(約2億2800万円)を獲得。グランドスラムの準々決勝以降で負けない不敗神話を継続し、昨年8月から続く公式戦の連勝も21に伸ばした。これで、全米2回、全豪2回の優勝となり、あとは全仏のクレーコート(赤土)と、全英ウィンブルドン選手権の芝コートでの、優勝がないだけになった。今年の東京五輪は、得意なハードコートであり、オリンピックでの金メダルも視野に入ってきた。今までは、試合中に精神的な弱さから、思う様な試合運びが出来ないときに、ミスを重ねるケースが見られたが、今大会ではそれを見事に克服し優勝した。3回戦の試合中、チョウが飛んできて、大坂の足元に止まった。大坂はそれを逃がそうとすると、今度は鼻に止まる。それでも慌てる様子はなく、優しく逃がすと、観客席から温かい拍手が沸き起こった。彼女の人柄が如実に出ていて、世界中から称賛を浴びた。3歳で渡米していて、日本語もあやしいが、日本国籍を選んで出る、東京五輪では日本中が優勝を期待しているので、是非とも「金メダル」を取って欲しいと心から願っています。


なおみ1

なおみ2


新選組副長・土方歳三は箱館で落命した――はずだった。頭部に被弾し記憶を失った土方は、彼を慕う時枝ゆらとともに、アメリカ西部へと渡った。執拗にゆらを狙う悪徳保安官・ティルマンを討った土方の元に、さらなる刺客が迫る。その正体は、美しき女ガンファイターと元・新選組隊士。全てを喪った男は、大切な者を守り抜き、記憶を取り戻すことができるのか!
(「BOOK」データベースより)

逢坂剛(おうさか ごう)
1943年東京生まれ。80年『暗殺者グラナダに死す』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。86年に刊行した『カディスの赤い星』で直木賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。2013年に日本ミステリー文学大賞、15年には『平蔵狩り』で吉川英治文学賞を受賞。「百舌」シリーズや「長谷川平蔵」シリーズなど著作多数。彼の作品の中でも、「百舌」シリーズ(公安警察シリーズ)が一番面白い。謎の殺し屋、殺害現場に「百舌」の羽が残されている設定で、第一巻の「裏切りの日日」(1981年2月 講談社)から最終巻の「百舌落とし」(2019年8月 集英社)まで全8巻を読み終えています。


本1


捜査二課長としてB県警にやってきたキャリアの仁村恒一郎は、着任早々、県知事の贈収賄事案を手掛ける。知事の有泉寛人が四百万円相当のリゾート会員権を受け取ったというのだ。一方、県警組織犯罪対策課の皆沢利道は、地元暴力団の抗争事件を追っていた。激化する抗争の果てに、一人の女が命を落とす。彼女は仁村たちに情報を上げていたエス(スパイ)だった―。二つの事件がつながるとき、あらわになる真実とは。第一人者が徹底的な取材を元に描き出す、迫真の警察小説!!
(「BOOK」データベースより)


本2


取材で小樽を訪れた浅見は、港で漂流死体を発見する。被害者は地元旧家の夫人。彼女の遺品から、白い封筒に入った黒揚羽が発見される。黒い蝶は霊界からの使いなのか。名門一家を襲った悲劇に挑む浅見の前に、再び黒揚羽を抱いた変死体が…。
(「BOOK」データベースより)


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: