FC2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その435 コロナ禍で、中国春節の民族大移動が激減した

Category : 読書
コロナ禍で、中国春節の民族大移動が激減した
2021年の春節は2月11日(木)〜17日(水)の7連休。中国で春節(旧正月)をふるさとで過ごす人たちのための特別輸送態勢「春運」が始まった。例年なら40日間に約30億人が移動するとも言われる帰省ラッシュのスタートとなるが、今年は様変わり。新型コロナウイルスの感染再拡大を警戒する政府が、「史上初めて」(中国メディア)帰省自粛を呼び掛け、PCR検査の義務付けなど移動規制を強化しているためだ。下の写真の様に、上の今年の北京駅と、前年の写真を見ると一目瞭然としている。また当局は人々が自宅で余暇を過ごす助けになればと、動画配信サービスの運営会社に対し、休暇中の映画やテレビ番組、スポーツイベントの視聴を無料にするよう要請している。一旦、抑え込んだと思われた感染者数が、河北省を中心に増加して、ロックダウンも実施された。国が力を持つ、共産主義国家ならではの、中国のやり方は到底日本においては、マネする事の出来ないやり方だと、今更ながら思います。


北京駅

前年


東京都大田区の路上で発見された女性の全裸死体。殺人事件として捜査一課強行班が動き始める。被害者は経営コンサルタント・坂上実咲。その名前は、捜査一課に二年前の痛恨の記憶を呼び起こした。被害者の身辺を洗う中、二年前の事件をきっかけに辞職した元刑事の名前が挙がった。奔放な被害者の異性関係。捜査は難航し、捜査一課は強行班七係と中本班の二班合同態勢をとるが―。刑事たちは、何を求め、何を探し続けるのか。男たちの葛藤と、その心の深淵にある光とは。
(「BOOK」データベースより)

香納 諒一(かのう りょういち)
1963年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社に勤務するかたわら小説を執筆し、1991年、「ハミングで二番まで」で第一三回小説推理新人賞を受賞しデビュー。1999年、『幻の女』で第五二回日本推理作家協会賞を受賞。2007年には『贄の夜会』が『このミステリーがすごい!』にランクインした。ハードボイルド、警察小説、青春小説など幅広い分野で活躍している。近著に『心に霧の降りしきる』『女警察署長 K・S・P』『幸』『無縁旅人』などがある。この作者の本は、日頃あまり読んでいないので、批評はまた、後日にします。


本1


「将門の椅子」に坐る者には死が訪れる―。ある巨大銀行でささやかれていた迷信は現実となり、エリート銀行員が相次いで不審な突然死を遂げる。そして国際部に勤める阿部奈緒美の上司も犠牲となり、死体が八幡不知薮から発見された。これは本当に平将門の崇りなのか?大学の同期である奈緒美から依頼を受けた浅見光彦は、人智を超えた謎に挑むべく調査を始める。だが、将門伝説をめぐる奇妙な符合が見つかり…。
(「BOOK」データベースより)


本2


平将門の崇りにまつわる巨大銀行員の怪死事件を調べる浅見光彦は「将門の椅子」の後任者である川本と知り合う。彼と協力しながら、導かれるように将門ゆかりの地を踏破していくが、それは奇しくも日本列島を貫く中央構造線上に重なっていた。浅見が追う謎はやがて、日本経済の暗部、太平洋戦争以来の歴史の闇につながってゆく。これは偶然か、それとも…。世紀を超えた壮大な謎の果てに浅見光彦が見つけた真相とは!?―。
(「BOOK」データベースより)


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: