fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その423 収束の見えないコロナ退散のため「風神・雷神の砂像」が登場

Category : 読書
収束の見えないコロナ退散のため「風神・雷神の砂像」が登場
JR鳥取駅前の風紋広場(鳥取市)に31日、「風神雷神」の砂像がお目見えした。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込む街を活気づけようと、悪疫退散の願いを込めて制作された。11月17日まで展示される予定。砂像は高さ約2メートル、幅約7メートル、奥行き約4メートルで、計約35トンの砂を使っている。例年、同広場で砂像コンテストなどを開催する「鳥取砂のルネッサンス実行委員会」が企画し、鳥取砂丘砂像連盟のメンバーらが手がけた。風神の風袋と雷神の雷太鼓には発光ダイオード(LED)が取り付けられており、夜間でも砂像を楽しむことができる。何時までたっても、治まらないコロナ感染拡大の為に、とうとう「風神と雷神」がお出ましになった。俵屋宗達筆の屏風画が有名な「風神・雷神」は、日本古来から信仰対象としてあった。コロナも神頼みでしか治まらないのかと、思わせる状況になってきた。一度罹った人の免疫力も最近のデーターによると、持続性が思った程の効果がなく、二度目の罹患では前よりも症状が重くなるケースも報告されている。何とか特効薬のワクチンを、早急に開発して感染者拡大を抑えて欲しいと、願っています。


風神

雷神


慶応四年三月。鳥羽・伏見の戦いで幕府軍を打ち破った官軍は、徳川慶喜追討令を受け、江戸に迫りつつあった。軍事取扱の勝海舟は、五万の大軍を率いる西郷隆盛との和議交渉に挑みための決死の策を練っていた。江戸の町を業火で包み、焼き尽くす「焦土戦術」を切り札として。和議交渉を実現するため、勝は西郷への手紙を山岡鉄太郎と益満休之助に託す。二人は敵中を突破して西郷に面会し、非戦の条件を持ち帰った。だが徳川方の結論は、降伏条件を「何一つ受け入れない」というものだった。三月十四日、運命の日、死を覚悟して西郷と対峙する勝。命がけの「秘策」は発動するのか―。
(「BOOK」データベースより)

「江戸無血開城」。命を賭して成し遂げた二人の“麒麟児”西郷隆盛と勝海舟の2日間の和議交渉。司馬遼太郎の本で、物語の粗筋は分かっていましたが、冲方 丁(うぶかた とう)のこの本を読んで、さらに緊迫したやり取りが、浮かんできました。


本1


歌舞伎の殿堂・木挽座の間近で男女の惨殺死体発見!難事件に挑むのは、江戸歌舞伎作者の末裔、桜木治郎。日中戦争の足音が忍び寄る昭和八年。さまざまな欲望がもつれ合う東京を舞台に、男女の不可解な行動と関係性が明らかになる時、人間の深奥に潜んだ哀しい真実が浮かびあがる。圧巻の劇場×時代ミステリー誕生!
(「BOOK」データベースより)


本2


戦後間もない1947年、探偵作家クラブは設立された。その後、関西探偵作家クラブとの合併や法人化に伴う名称変更を経て“日本推理作家協会”となった作家団体は、今年で70周年を迎える。初代会長の江戸川乱歩から現代表理事の今野敏まで。協会の歴代理事長を務めた14人の作家が夢の競演!日本ミステリー界の第一線で傑作を生みだしてきた作家に脈々と受け継がれる妙技を綴じ込めた究極の一冊。
(「BOOK」データベースより)


本3h

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: