FC2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

趣味の読書 その372 2019年W杯日本大会ラグビーは、南アフリカがオールブラックスに並ぶ3度目の優勝!

Category : 読書
2019年W杯日本大会ラグビーは、南アフリカがオールブラックスに並ぶ3度目の優勝!
第9回ラグビー・ワールドカップW杯日本大会は2日、決勝が行われ、南アフリカが32―12でイングランドを破り、優勝を果たした。南アフリカの優勝は2007年大会以来3大会ぶりとなる3度目。スプリングボクス(南アフリカ)が、オールブラックス(ニュージランド)に並ぶ3回目の優勝を果たした。過去の優勝国は、ワラビーズ(オーストラリア)が2回、レッドローズ(イングランド)が1回あり、南アフリカは実力世界最強とも言われている、オールブラックスに予選リーグでは敗れたが見事決勝トーナメントで優勝した。今回の全般的な試合を見て感じたのは、何と言っても南アフリカのSH(スクラムハーフ)デクラークの俊敏な動き、小柄な彼が2mの大男にも怯まずに勇猛果敢なタックルが見事だった。それと、ボールのあるところに必ず、デクラークが忍者の様に神出鬼没に、現われてプレーする様子は素晴らしかった。彼に、MVPをやっても良いとさえ思わせる活躍ぶりだった。日本が敗れた決勝トーナメントの南アフリカ戦では、デクラークが「プレーヤー・オブ・ザ・マッチ」を獲得していて、皆が彼の活躍を認めていた。日本が初めてベスト8になり、歴史をつくり日本国中が熱狂したW杯日本大会は、参加各国の選手が「日本のおもてなし」に感謝して、リスペクトをこめた試合終了後の「お辞儀」は、今大会で“お辞儀ブーム”の火付け役となったNZのオールブラックスからその他の国に広がった。大成功に終わった2019年W杯日本大会でした。


南ア

南ア2


1974年10月14日―「日本の夢が終わった日」。長嶋茂雄引退試合と、三井物産爆破事件が同時に起きたその日、過激派の次代の「エース」・下山英二が突然、失踪した。下山を追う刑事、下山が愛し続ける女、下山と決別した弟。もう二度と会うはずのなかった男女が、42年ぶりに再会した時、最後に見たものは、絶望か?希望か?あの日、あなたは何をしていましたか?一気読み必至の書き下ろしエンタテインメント。
(「BOOK」データベースより)

ミスタージャイアンツ・長嶋茂雄の伝説の引退試合の挨拶「私は今日ここに引退しますが、わが巨人軍は永久に不滅です!」。それをテレビで見ていた事を思い出しました。王選手の方が、ホームラン数をはじめ、色々な記録を打ち立てているのだが、やはり長嶋選手がミスタージャイアンツとして、一段上の扱いになっているのは、プレーに華がありその愛すべき言動にあった様に思います。長嶋の引退は読売新聞の1974年十大ニュースの4位になるなど、スポーツに留まらない社会的事件であった。同年11月21日、選手時代につけていた背番号3は永久欠番と認定された。


本1


二等航海士として海へ。バートレット・アカデミー(航海術専門学校)を首席で卒業した万次郎。故郷や仲間に思いを寄せながら、1846年5月、ニューベッドフォードから出航。アフリカからアジアへと、緑したたる未知の大陸へと漕ぎ出でる。
(「BOOK」データベースより)


本2


砂糖菓子のように崩れていく―。女はそう形容した。そんな男に魅かれるのだと…。手術に抜群の技量をもちながら、野心に背を向け、場末をさまよう流れの外科医。闇診療に手を染めたのも、港町の抗争に巻き込まれたのも、成り行きで意地を張ったのがきっかけだった。だが、酒場に集う男たちの固い絆が外科医の魂に火を点けた。死ぬために生きてきた男。死んでいった友との黙約。そして、女の激しい情熱につき動かされるようにして、外科医もまた闘いの渦に飛び込んでいく。“ブラディ・ドール”シリーズ、待望の第6弾。
(「BOOK」データベースより)


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: