fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その314 大坂なおみ、日本人選手初の全米オープンテニス・シングルス優勝おめでとう!

Category : 読書
大坂なおみ、日本人選手初の全米オープンテニス・シングルス優勝おめでとう!
テニスの全米オープン女子シングルス決勝で8日(日本時間9日)、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)を6-2、6-4のストレートで破り日本選手として初優勝を飾った大坂なおみ(20)選手、おめでとう!海外メディアは、「新スター誕生」と子供の時から彼女のアイドルのセリーナとプレーし、グランドスラムの決勝で勝つことを夢見てきたと報道した。セリーナの審判への暴言等で、ペナルティを課せられ試合会場は、セリーナのファンからのブーイングなどで完全な、アウェー状態だったが、その中での大坂なおみのグランドスラム(Grand Slam)制覇は、大変素晴らしいと感動しました。優勝後のインタビューも彼女の人柄が出ていて、騒然とした会場も静まり返った。「彼女はコート上では猛烈だが、性格は穏やかな雰囲気」と大坂の人柄に、好感する声も多数あった。彼女のファンが世界中に増えて、20歳の若さで、これらも四大大会(全米オープン・全豪オープン・全仏オープン・ウインブルドン選手権)のグランドスラム全達成も夢ではなく、2年後の東京五輪での日本選手としての金メダル獲得も実現可能になり、これからも応援してゆきたいと思います。


大坂なおみ


纏ミルク浜町店の新年の仕事はじめは、町全体が深い眠りの中にいる午前4時。店長の纏亮介と妹・あかね、70を越えた配達員の田代や若い栗本らは厳冬の1月、雑煮を食べ終え、白い息をはきながら配達の準備をする。今朝も元気に宅配に向かった田代だったが、湯川さん宅の保冷ボックスに小さな異変を発見。胸騒ぎを感じた田代は全力で湯川さん救出に奔走し…
(「BOOK」データベースより)

山本/一力(やまもと いちりき)
1948年高知市生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業。旅行代理店、広告製作会社勤務などを経て、97年「蒼龍」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。2002年『あかね空』で直木賞を受賞。同じ団塊の世代で、育ってきた時代背景を共有しています。日頃から彼の作品はよく読んでいますが、江戸の人情物の時代小説が多いが、今回は珍しい現代小説の明るい作品で、それなりに楽しめました。


本1


世界トップシェアを狙える8Kテレビの次世代技術を日本企業フロンテが開発した。凋落著しい韓国企業チムサンは、この最先端技術を盗みとる。ところが、データは一警備員に奪われ、チムサンに使い捨てられた日本人技師宮下の手に。一方、赤羽中央署の疋田は韓国人売春を追っていた。二つの事件が複雑に絡み合い、宮下と韓国スパイ、日本警察の激烈な争奪戦へと突入した!
(「BOOK」データベースより)

安東/能明
1956年、静岡県生まれ。明治大学卒。94年『死が舞い降りた』で日本推理サスペンス大賞優秀賞を受賞しデビュー。2000年『鬼子母神』でホラーサスペンス大賞特別賞、10年「随監」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。受賞作を収録した『撃てない警官』が大ヒット。一躍、警察小説の旗手となる。最近、読むようになった作家で、良かったので他の作品も、読んでみたいと思っています。


本2


リベンジポルノの相談が大学院生の綾子から村野ら支援課に持ち込まれた。猥褻ぎりぎりの画像に、対処に迷った村野たちだったが、被害者支援のボランティアをする愛と綾子が暴漢に襲われ事件は加速していく。「被害者支援」という前人未踏の新テーマに斬り込んだ、著者会心、絶好調の警察小説!
(「BOOK」データベースより)

堂場/瞬一
1963年茨城県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務のかたわら小説を執筆し、2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞。


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: