プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新コメント

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

趣味の読書 その198 将来はAI(人工知能)が、人間の仕事を奪ってしまうのか?

Category : 読書
将来はAI(人工知能)が、人間の仕事を奪ってしまうのか?
新しいAI技術の特徴は、『機械学習』(先生がいなくても、特定用途のアルゴリズムを教え込まなくても、自分だけで能力を高める能力)と『深層学習(ディープラーニング)』(物事の特徴を自分で抽出して、概念化する能力)それと『非構造化データ』(自然言語や画像)を扱える様になった。この3つを組み合わせると、(1)インターネット空間にある情報を上手に徹底的に使う(大量の情報を学習して、概念化を深め、上手に使うことができる)。(2)異常値の検出(データから異常値を検出し、故障の予測をして、予防処置を促すことができる)。(3)中立性(人間の恣意性を排除して、中立的に振る舞うことができる)。これらの事は、人間の持つ高度で、複雑な嗜好性や行為をAI(人工知能)が代替えできるようになってきていると言う事になる。前回で取り上げた、自動運転自動車などの研究も進んでおり、公道を走る事も近未来には実現する。人間が出来る事の手助けをしている間は良いが、仕事の部分をAI(人工知能)に置き換えてゆくと、将来はAI(人工知能)が、人間の仕事を奪ってしまうのか?と言う疑問に辿りつく。「趣味の読書 その190」で書いた様に、2045年にはコンピューターの性能が人間の脳を超えるという予測がある。AI(人工知能)が、自らを規定しているプログラムを自身で改良するようになると、永続的に指数関数的な進化を遂げる。この結果、ある時点で人間の知能を超えて、それ以降の発明などはすべて人間ではなくAI(人工知能)が担うようになり、それ以降の進歩を予測できなくなる。と空恐ろしい事が懸念されていますが、人間を尊重するプログラミングを運用して行けば、大丈夫な様な気がします。未来は果たしてどんな社会になって行くのでしょうか・・・。



元禄太平の世の半ば、東北の小藩の山村が、一夜にして壊滅状態となる。 隣り合う二藩の反目、お家騒動、奇異な風土病など様々な事情の交錯するこの土地に、その"化け物"は現れた。 藩主側近・弾正と妹・朱音、朱音を慕う村人と用心棒・宗栄、 山里の少年・蓑吉、小姓・直弥、謎の絵師・圓秀……山のふもとに生きる北の人びとは、突如訪れた"災い"に何を思い、いかに立ち向かうのか。そして化け物の正体とは一体何なのか――!? その豊潤な物語世界は現代日本を生きる私達に大きな勇気と希望をもたらす。著者渾身の冒険群像活劇。
(amazon.co.jpより)

宮部 みゆき
1960年、東京都生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞(長編部門)、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年『理由』で直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、02年司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)、07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞、08年英訳版『ブレイブ・ストーリー』(『BRAVE STORY』)でThe Batchelder Awardを受賞した。他に『小暮写眞館』『ソロモンの偽証』『桜ほうさら』『泣き童子』『ペテロの葬列』など著作多数。日頃から良く読んでいます。ミステリーな現代小説から、時代小説まで幅広く書いていて、面白い作品が多く 、好きな作家の一人です。


本1


会津藩ゆかりの地に残る伝承・怪談を、史実に基づき小説化した怪談短編集。恐怖に陥れるだけが怪談ではなく、ウィットに富み、地方色にあふれ、豊かな文学としての怪談を、直木賞作家の筆が甦らせる。 「亡霊お花」「恋の重荷 白河栄華の夢」「晋州城の義妓」「かわ姥(うば)物語」「思い出かんざし」「骸骨侍」「名君と振袖火事」の7編を収録。いまや「会津といえばこの人」となった作家・中村彰彦の、初にして珠玉の怪談小説集!
(amazon.co.jpより)

中村 彰彦は、1949年の団塊の世代で、栃木県出身の歴史小説・時代小説作家で、特に会津藩に関する著書が多い。作風は硬く、どちらかと言うと読みにくい部類になりますが、実在の人物を書く事が多くあり、興味深く読んでいます。


本2


大火の後、閑職定中役同心の中原龍之介にも盗賊探しのお鉢が回る。火事で命を落とした纏持の長屋で、賊は金魚盥の赤い石を探していた。女たちの怪死が相次ぐ市中で、江戸払いになった男を迫った龍之介と光太郎は、金持ちどもの非道極まる集いに足を踏み入れる。癒しの人気シリーズ第七作。
(「BOOK」データベースより)

現代小説も書いている様ですが、時代小説が好きな関係で「お医者同心中原龍之介シリーズ」や「口中医桂助事件帖シリーズ」を最近読み始めました。出版作品も多数出ている様なので、これから読んでみたいと思っています。


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: