fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2023年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その174

Category : 読書
『江川・ピーマン・北の湖』
日本相撲協会の北の湖理事長が、20日福岡市内の病院で急逝した。62歳だった。現役力士時代は、憎らしくなるほど強く、21歳2カ月で横綱に昇進するなどの最年少記録を持っている。北海道の洞爺湖出身で、四股名の「北の湖」は、故郷にある洞爺湖に因んで三保ヶ関親方が命名した。湖を「うみ」と読ませたきっかけは水上勉の小説「湖の琴」(うみのこと)からの着想という。改名の多い角界においては、初土俵から引退まで一度も四股名を変えたことのない珍しい力士だった。日本の高度成長時代に、昭和40年代前半から昭和45年頃、子供たちの好きな物として流行語にもなった『巨人・大鵬・卵焼き』という言葉あった。それに対して、1970年代後半、「嫌われるもの」の代名詞として『江川・ピーマン・北の湖』という呼び方が揶揄的にあったと言う事を、新聞報道で初めて知った。北の湖が、嫌われた理由としては容姿が強面だった事、倒した相手に決して手を貸さずさっさと勝ち名乗りを受けてしまう事などが言われている。江川は、巨人入りの経緯が野球協約の隙間を突いた、「空白の一日」でその時の巨人のエースだった、小林繁投手が、阪神入りの決まっていた江川と交換トレードされたと言う、ダーティなイメージがあった為に嫌われた。ピーマンは、言うまでもなく、子供たちの嫌いな食べ物。北の湖は、外見とは違い実際は、親分肌で角界では人望があった。まさに昭和を代表する大横綱であった言える、次の理事長が誰になるのかは、分からないが相撲協会にとっては、誠に惜しい人物を亡くしたと思われ残念です。合掌・・・・・。


高すぎる値段の裏に謎がある。物の値段を見張る同心が人情と算盤で事件を解決!澤本神人は北町奉行所で、江戸市中での物の値段を見張り、高すぎる場合は店に指導するという役回りの諸式調掛方同心を務めている。家では妹の忘れ形見である多代を男手ひとつで育ててきた。今日も子分の庄太とともに町を見まわるが、そこでは高すぎる値段の裏にあるさまざまな謎が待っていた――気鋭による新機軸の時代ミステリー誕生!
(実業之日本社より)

梶 よう子
東京生まれ。2005年「い草の花」で九州さが大衆文学賞を受賞。08年には『一朝の夢』で松本清張賞を受賞し、単行本デビューする。以後、時代小説の旗手として多くの読者の支持を得る。最近読むようになった女流作家です。結構面白い作品が多くある様なので、図書館のデーターから積極的に捜して読みたいと思っています。今回は、『梶 よう子』の作品を3作紹介したいと思います。


本1


「おまえはなにを求めて武家の養子に入ったのだ」幕末前夜の江戸。瀬戸物屋の五男坊に生まれた駿平は、百五十俵の貧乏御家人「野依家」に婿養子入りした。男五人兄弟では、この先分家を立てられる保証もなく、うまくいっても商家の婿。いっそ武士になるのも面白かろうと軽い気持ちで引き受けたものの……当主になって待っていたのは、過酷な「就職活動」だった!戦国の世も今は昔、太平楽の時代における武士たちは、上役への朝駆け、水泳訓練、出張土産を考えて、試験勉強に明け暮れる……役目を得ても、上様のペットの餌を探したり、上司のパワハラ、部下の気鬱に悩まされ、はたまた何もできない老人が地位にしがみついて引退しない。「武士とは、仕事とはなにか」。新米武士の駿平が、「お家」を守るため、武家の世界をかけずり回って「立身出世」を試みる、シューカツ時代小説。
(Amazon.co.jpより)


本2


伴鍋次郎は西丸書院番士に引き立てられるが、両親は喜ぶどころか狼狽し、不安すら覗かせる。町で会った老武士には、初対面にもかかわらず「許してくれ」と土下座される始末。自分はいったい誰なのか? しばらくして、同じ老武士にこんどは橋の上で遭遇する。酔いつぶれかけていた老人は、鍋次郎の姿を認めるや否や何事かを叫んで橋から飛び降りてしまう。老人の名が「神尾五郎」ということまではわかるが、不審は募るばかり。そんな矢先、家で書物の整理をしていると、「鍋次郎」と記された自分の名前の位牌と、父の昔の日記を見つける。日記には、鍋次郎が生まれたころの記述だけが欠落していた。自分は養子だったのだ。ほかにも自分の出生に関して何か秘密があるにちがいない。意を決した鍋次郎は、義父の高萩惣吾のもとを訪ねる。疑念をぶつけた鍋次郎に、惣吾は鍋次郎の本当の父親「松平外記」の名を告げる。外記は惣吾の親友だったという。惣吾の口から、松平外記の時超えた悲しい物語が始まった。
(Amazon.co.jpより)


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: