fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その102

Category : 読書
防衛省は11日、東シナ海の公海上空で同日午前11時ごろと正午ごろ、航空自衛隊のYS11
EB電子情報収集機と海上自衛隊のOP3C画像情報収集機が中国軍のSu27戦闘機2機の
異常接近を受けたと発表した。30~45メートルまで接近した。中国軍機の異常接近を公表した
のは5月24日以来2回目で、政府は外交ルートを通じて中国側に厳重抗議した。防衛省によると、
異常接近があったのは、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の北側上空。日本の防空識別圏と中国が昨年
に設定した防空識別圏が重なる空域だった。
習政権が、軍部を掌握しきれていないと言う説があり、軍部の暴走だという識者もいるが、実態は
判明していない。日米と戦力格差のある中国海軍の主力が潜水艦であり、その潜水艦の性能を
丸裸にされることを恐れており、海自のP-3C対潜哨戒機や、電波データ収集機に張り付かれる
事を何より嫌っていて、それを妨害する為に、異常接近してきている。と言う防衛庁筋の話もあり
今の状況では、今後も異常接近は充分に起こりうるが、偶発的事故が、起きた時に双方がどんな
対応をするのか、目を離せなくなってきており心配です。


名うての十手持ちだった父親は、大悪党を追って行方しれず。父・辰三親分の留守をまもる文治が、
お加代には頼りなくって仕方がない。母親とともに一膳飯屋を守り立てながら、ついつい、御用の向き
にも、父親の行方捜しにも口を出す。ところが、どちらも一筋縄ではいきそうにない…。親分の留守は、
知恵者の看板娘がまもる。その看板娘は、巨漢の子分がまもる。人情の擦れ違いで起こった哀しい
事件が、若い二人を大人にしてゆく。時代小説注目の新鋭が情感豊かに描く、傑作捕物帖。
(「BOOK」データベースより)

趣味の読書 その100(5/29)で、紹介した中島 要『刀圭』に続いて読んでみましたが、
良かったので今後その他の本も、読みたいと思います。


本1


北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。そのさなか、
勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。津久井卓は、その警官の追跡を命じられた。一方、過去
の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける佐伯宏一。そして結団式に出席する
大臣の担当SPとなった小島百合。それぞれがお互いの任務のために、式典会場に向かうのだが…。
『笑う警官』『警察庁から来た男』に続く、北海道警察シリーズ第三弾、待望の文庫化。
(「BOOK」データベースより)

佐々木 譲
北海道夕張市生まれで北海道中標津町在住。北海道札幌月寒高等学校卒業。美術系大学への進学
を断念したのち、京都や東京などで溶接工、自動車組立て工などのアルバイト生活を続ける。その後
広告代理店や本田技研で広告関連の仕事に従事、1979年「鉄騎兵、跳んだ」で文藝春秋「オール讀物
新人賞」を受賞し、作家デビュー。同作は映画化もされ評判となった。歴史や犯罪を主に題材に採り、
ジュブナイル小説も手がけている。近年は電子絵本の制作や自作の舞台化にも積極的である。また、
直木賞をはじめ数々の文学賞を受賞している。
北海道県警の話が多く、たまに読んでいますが、読み応えがあり面白い作家です。


本2


“生活安全特捜隊”とは、風俗や少年犯罪、サイバー犯罪まで、あらゆる事案を追う警視庁の一組織
である。結城公一がその“生特隊”の班長となって3年目。渋谷のクラブで脱法ハーブが売買されて
いるとの情報がもたらされた。売人は、子供たちにダンスを教えている男らしい。クラブ摘発に市民から
反発の声が上がる中、結城らは男の行方を追うが…。生特隊の刑事たちが活躍する傑作警察小説。
(「BOOK」データベースより)

安東 能明
1956年静岡県生まれ。明治大学卒業。’94年『死が舞い降りた』で日本推理サスペンス大賞優秀賞を
受賞しデビュー。2000年『鬼子母神』でホラーサスペンス大賞特別賞、’10年には「随監」で日本推理
作家協会賞短編部門を受賞する。緻密な取材が生む警察小説が大人気である。


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: