fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その100

Category : 読書
高速道路の有料期間を15年延長し、2065年9月末までとする改正道路関連法が28日の参院
本会議で可決、成立した。2005年に日本道路公団などが民営化した際、高速道路の建設債務を
2050年までに料金収入で償還した後は、無料化することが法律に定められていた。笹子トンネル
の事故などがあり、インフラの老朽化対策の為に、約7兆円の工事費が必要とされ、15年の延長
になった。2050年までに建設にかかった債務を返済し、高速道を無料開放する当初計画は、民営化
から10年たたずに変更を迫られた。お役所仕事とは言いながら、将来的に建築資材の高騰や、人件費
や諸々の経費値上がりの見通しが、甘くこんな状態では、未来永劫に高速料金は無料にはならずに、
絵に描いたモチになるのは、明白になった様に思います。それとよく似た状況にあるのが、年金問題。
現行の現役世代が、負担する方式は、将来の就労人口減少化で破綻が充分に予想され、根本的な
設計組み換えを、早急にしないと年金問題は、維持できないと思いますが・・・。


年末の全国コンサートツアーの間隙を縫って病床の父を見舞う日々。その脳裏に甦る、昭和三十年代、
復興から笑顔が戻った長崎、十二歳でひとり上京した下町の人間模様―。カステラの香りとバイオリン
の調べに包まれた記憶の中心には、報われず、辛酸を舐め続けても底抜けの明るさで乗り切っていく、
身勝手で傍迷惑で、それでも皆から愛された破天荒な父と、振り回され続けた家族の姿があった。シン
ガーソングライターとして作家として、家族の風景、時間と季節の移ろい、いのちの煌めきをテーマに
珠玉の名作を紡ぎ続けるさだまさしが父に捧ぐ、初の自伝的実名小説。
(「BOOK」データベースより)

小説は、歌程のレベルに達していない「さだ まさし」。落研出身の軽妙なライブの語り口程のレベル
であれば、もっと読みやすい文章になっていたと、思います。それでも、そこそこ楽しく読みました。


本1


長患いを負い目にし、自害を試みた一三を救った若き医者・圭吾。日本橋福島町の長屋に居着き、
住人から頼りにされていた。だが、懇意にする薬種問屋の若旦那とのいざこざから、薬が手に入ら
なくなる。亡き父から託された教えを胸に刻みながらも、圭吾は志を失いかけていた。そこに永代橋
が落ち、多くの怪我人が出たとの報せが。小説宝石新人賞作家の長編デビュー作。
(「BOOK」データベースより)

中島/要
早稲田大学教育学部卒。2008年、「素見」で第2回小説宝石新人賞を受賞。’10年、『刀圭』で単行本
デビューした女流作家。刀圭(とうけい)とは、 薬を調合するさじ。 医術。また、医者。とありますが、
江戸情緒が、上手く描かれており、初めて読んだ作家ですが今後も読みたいと思いました。


本2


「髪結い伊三次捕物余話」シリーズで人気の時代小説作家が創作の秘密、日々の暮らしを
朗らかに綴りました。 函館在住の女流作家。上記シリーズのフアンで欠かさず読んでいます。


本3

非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: