fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その82

Category : 読書
23日公示の東京都知事選挙。事前調査では、舛添要一元厚労相(65)、細川護煕元首相(76)、
元日弁連会長の宇都宮健児氏(65)、田母神俊雄氏(65)の順番らしいが、ネットで人気が断トツの
田母神氏が、保守層の支持を集めて「台風の目」になっている様で、航空自衛隊5万人を率いた経験
と、「脱原発」は「非科学的な意見、嘘、デマ、捏造が出回っている」として、「原発を安全に使うことは可
能」などと訴えている事も大きく、支持を集めている要因。選挙結果が、どう出るか興味が尽きません。

マー君が、ニューヨークヤンキース入りに決定。7年総額1億5500万ドル(約161億円)の超大型
契約を結んだ。これまでヤンキースのほかに、ドジャース、ダイヤモンドバックス、カブス、ホワイト
ソックスの5球団が獲得に熱意を示していた。その中でヤンキースを選んだ要因は、松井秀喜氏の生
アドバイスが大きかったようだ。マー君は駒大苫小牧高3年時の2006年8月、高校選抜の一員として
早実高の斎藤佑樹(現日本ハム)らと旧ヤンキースタジアムを訪問した時に、左手首骨折からの復帰を
目指していた松井秀喜氏と対面。握手のあと松井氏から「米遠征の感激を忘れるな」などの激励を
受けたのが印象に残っている様で、それが、ヤンキース入りの原因かも知れないと、推測してます。


中継抜きで疾風のごとく駆け通す―スピードと信用が売物の、幕末の流通革命「通し飛脚」。注文主の
難題を担いで江戸を発つ身ゆえ、予期せぬ異変は常のこと。切れかかった命綱をたぐり寄せつつ、よう
やく見えたのは鬼か仏か。越後の川に堰かれ、甲州上総の森に迷い、百里四方に展開する三つの
サバイバル劇場。
(「BOOK」データベースより)

志水/辰夫
1936年、高知県生れ。1981年、『飢えて狼』でデビュー。1986年、『背いて故郷』で日本推理作家
協会賞、1991年、『行きずりの街』で日本冒険小説協会大賞、2001年、『きのうの空』で柴田錬三郎賞。
読み応えのある時代小説が多く、時たま読んでいる「志水 辰夫」の本です。


本1


さる藩の江戸留守居役の奥方を西国へ逃がしてほしい。ご法度を承知で危険極まる注文を引き受けた
仙造。しかし待ち受ける伏兵をかわしながら隘路を進むうち、彼女はしだいに本性を現わし始めた。
遠国の脇道をも知り尽した通し飛脚。膂力と覚悟は人一倍ながら、活路の見えぬ時はある―。
(「BOOK」データベースより)


本3


江戸と諸国を独りで結ぶ、通し飛脚。並外れた脚力に加え、預かった金品を守るため、肝がすわり機転
がきき、腕も立つ男でなければ務まらぬ。蓬莱屋勝五郎の命を受け、影の飛脚たちは今日も道なき道
を走る。ある者は寄る辺ない孤児を拾い、ある者は男女の永遠の別れに立会う。痛快な活劇と胸を
打つ人間ドラマを共に備えた四篇を収録。著者の新世紀を告げる時代小説シリーズ、ここに開幕。
(「BOOK」データベースより)


本2



非公開コメント

  

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: