fc2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2018年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その281 2017年の訪日外国人旅行者数が、前年比約2割増の約2869万人になった

Category : 読書
2017年の訪日外国人旅行者数が、前年よりも約2割増の約2869万人になった
石井国土交通相は12日の閣議後の記者会見で、2017年の訪日外国人旅行者数が前年よりも約2割増の約2869万人となったと発表した。訪日客は東日本大震災があった11年に622万人に落ち込んだが、その後は増加を続けており、6年で4・6倍になった。政府は、東京五輪の2020年には4000万人を目標にしている。最近は、爆買いツアーから体験型ツアーに移行してきている。訪日外国人観光客が増大して、昨年の外国人が日本で使ったお金も初めて4兆4161億円を突破して、日本の経済効果が上がる事は喜ばしいが、反面、中国人観光客のマナーの悪さが色々な問題を引き起こしている。特に観光客の多い、京都ではインバウンド数が700万人に迫っており、これは京都府民の3倍になっている。京都市内観光の足として利用されている京都市営バスが、1日周遊パスを利用する外国人が増大して、地元の京都市民が満員で積み残しされて、バスに乗れないケースが多々あり問題になっている。その他のマナー違反例としては、行列に割り込みをする、ホテルの備品を持ち帰る、神聖な場所に座り込む、踏切の中に立ち入り写真を撮る、商品の包みを勝手に開封する、家の写真を撮り勝手にSNSにあげる、舞妓の着物や体に触れる。など多くの迷惑行為があり、ヒンシュクを買っている。外国人観光客が増えて、良い面もあるが、逆にデメリットもあり政府を中心に、啓蒙活動をしてマナー違反を減らしてゆく努力が今後、益々重要になってきています。


外国人


江東区で立て籠もり事件が発生した。犯人は三年前まで立て籠もり事件を専門に扱う特殊犯捜査係(SIT)に所属していた元警察官・西村國夫。膠着状態が続く中、葛木の携帯に西村から一本の電話が。「この国の警察を自殺に追い込みたい。警察組織の浄化を要求する」と言う。いったい何が彼を駆り立てるのか。犯罪を防ぐことを正義とする葛木と所轄の面々、そして葛木の息子のキャリア警視・俊史が、立て篭もり犯と対峙する!所轄魂シリーズ第3弾!
(「BOOK」データベースより)

笹本稜平
1951年、千葉県生まれ。立教大学卒業。出版社勤務を経て、海運分野を中心にフリーライターとして活躍。2001年、『時の渚』で第18回サントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。2004年には『太平洋の薔薇』で第6回大藪春彦賞を受賞。父は所轄署の現場の刑事で警部補。その息子はキャリア警官で警視の設定。捜査本部にイニシアチブを取られるが、所轄の警察官にも強い使命感があり、所轄の所属だが捜査本部の警察官には負けない気持ちがよく描かれている。笹本遼平は、スケールの大きい冒険・謀略小説を多く書いており、中でも好きな作品が「越境捜査」シリーズで、犬猿の仲だと言われている警視庁と神奈川県警の刑事が協力して事件を解決してゆく面白いシリーズ物です。


本1


小籐次一家との身延山久遠寺への代参旅から戻ったお夕は、父のもとで錺職修業を始めた。だが父を師匠とする関係に、お夕は思い悩む。一方、駿太郎は実父・須藤平八郎の埋葬場所が判明し、小籐次から墓を建てるよう提案される。姉と弟のような二人を小籐次は見守るが、当の本人もまた騒ぎに巻き込まれ…。シリーズ第4弾!
(「BOOK」データベースより)

剣豪で、大酒飲みの冴えないモズクガニの顔に似た「ジジイ侍」の赤目 小籐次が主人公の佐伯泰英の人気シリーズ作品で、愛読しています。


本2


女子高生・麻紀の父が経営する会社が破綻した―。かつて商社マンだった社会科教師の辛島は、その真相を確かめるべく麻紀とともに動き出した。やがて、二人がたどり着いたのは、「円」以上に力を持った闇のカネによって、人や企業、銀行までもが支配された街だった。江戸川乱歩賞受賞第一作『M1』を改題。
(「BOOK」データベースより)


本3

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: