FC2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2012年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新コメント

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

趣味の読書 その4

Category : 読書
ロンドン五輪での、連日の日本選手の活躍でどうしても、遅くまでテレビに
見入ってしまい、睡眠不足気味な今日この頃です。
メダル数は、多くて良いのですが、五輪日程を半分消化した段階での
「金」メダルが少ないのが、残念なところですが、まだこれから増えると思います。
なでしこジャパンや男子サッカーもあり、レスリングの吉田沙保里や
伊調馨も期待できます。


宇江佐真理の「髪結い伊三次捕物余話」というシリーズが好きで、第一巻から
直近の第十巻までずっと読んでます。
この本は、夜鳴きめし屋「鳳来堂」を舞台にした江戸の人情物語。連作短編集です。



本1


「東海道中膝栗毛」の作者、十辺舎一九の若き日の物語。
駿府の同心の家に生まれ、跡取りでありながら弟に跡目を譲り江戸に出る。
大坂で武士身分を捨てて、材木屋に婿入りしたり、その後江戸の質屋に二度目の婿入り
をした本名 重田与七郎 の話です。


本2


交代寄合衆とは、四衆あり下野国の那須衆、美濃国の美濃衆、信濃国の信濃(伊那)衆、
三河国の三河衆になり、江戸幕府における旗本の家格の一つであり、広義の寄合に含まれる。
その内の信濃国の信濃(伊那)衆であり、幕末の上海などで、「サムライ トウノスケ」と呼ばれた
座光寺藤之助(ざこうじとうのすけ)が主人公の物語です。
交代寄合伊那衆異聞の本シリーズもとうとう16作目になります。

今回の話は当主不在(交易の為上海に居た)の咎で、お家断絶と当主切腹を迫られた座光寺家。
江戸屋敷を引き払った面々を追い、藤之助も中山道、碓氷峠を目指し急追する。
最大の危機に、藤之助は一族を救えるか・・・。


本3

趣味の読書 その5

Category : 読書
ロンドン五輪が、17日間の幕を降しました。金7、銀14、銅17の38個の史上最高のメダル数を獲得
しました。なでしこジャパンは、惜しくも銀メダルでしたが予定通り、レスリングで吉田沙保里と
伊調馨が三連覇で金メダル、小原日登美と米満達弘が見事に金メダルを取り、ボクシングの
村田諒太も、ミドル級という日本人にとって、難しい階級で金メダルを取ってくれました。
「霊長類最強の女」と言われている 吉田沙保里は、ロシアのカレリンと同じく
五輪と世界選手権を12連覇しましたが、9月にレスリングの世界選手権があるので
13連覇は、ほぼ確実視されており、カレリンを超えるのは間違いがないと思います。
日本選手、特に今回は女子選手達に拍手を送って、讃えたいと思います。


朝日放送の「探偵!ナイトスクープ」で活躍している、長原成樹の自叙伝小説第2弾
大阪・生野区で在日韓国人として生まれ、18歳のとき、強盗事件を起こして逮捕された
札付きのワルだった男が、お笑いの世界に飛び込んで行く物語です。


本1


明治元年、江戸町奉行所は市政裁判所と名を変え、のち、東京府に移管されて、
完全に姿を消した。慶応三年、二五歳で異例の出世をし、南町奉行所定回り同心となった
金子弥一郎。お役大事で、まじめに生きてきたこの男にも、コロリの流行、桜田門外の変、
彰義隊と、文久、慶応、明治の大変動が襲いかかる。「八丁堀」が消えた明治の世になって、
捕り物一途の男が見せる、己れと世の中につける決着。
(講談社BOOK倶楽部より抜粋)未読これから読みます。


本4


西條奈加は、時代小説が多いがこれは現代劇の小説で、初めて読みました。
神楽坂を舞台にしっかり者な中学生の望と、元芸者の祖母お蔦さんが日常で起きる事件を
解決する物語。あたたかくて少しだけ波乱のある爽やかな日常のミステリー連作短編集。


本6


趣味の読書 その6

Category : 読書
連日35℃以上の猛暑日が続き体力を消耗しますが、不思議と昔から食欲が落ちずに
夏痩せをしません。昨日は夕方からの雷雨で、庭木の水遣りもせずに助かりました。
夜寝る時も、夜風が冷たいくらいで、いつものシャワーだけで済ませずに
久しぶりに風呂を沸かしました。窓を開けて寝ていると、午前4時頃に、寒さで目が覚めました。


趣味の読書 その2(7/18)で、紹介した 樋口明雄「竜虎」の前作、馬賊三部作の第二巻。
「狼叫」(ランチャオ)です。
動乱の満州、この民を救うために抗日義勇軍の頭目・大攬把(ターランパ)となった
モーゼルミリタリーの名手・美少女の柴火(さいか)。
その好敵手で満州国軍司令官の伊達順之助。義を守り柴火を想う隻眼隻脚の徐舜(じょしゅん)に
男装の麗人 川島芳子が絡む物語で、第一巻も読みたくなりました。


本4


池波正太郎の鬼平犯科帳シリーズが好きで、よく読んでいたので江戸幕府の火付盗賊改方
(ひつけとうぞくあらためかた)の長官・長谷川平蔵に対して、中山伊織長官の火付盗賊改方
の物語を読みました。極悪人達を相手にする為、「今日から鬼になる」と自宅の仏壇をたたき壊し
誓いを立てた。有無を言わせぬ厳罰でその名を知られる男が、鬼の心で切り捨てる極悪人達。
本家の鬼平の方が、ずっとおもしろい。


本2


父親の白石一郎の「十時半睡事件帖」を読んでいたので、息子の白石一文のこの本を読みました。
親子で直木賞を取った作家と言う事で、期待しましたがあまり面白くなかった。
東日本大震災の映像を見て、非現実感に捕らわれた人が多いと思うが、この世の出来事は
すべてイリュージョン(幻影)なのではないか、というお話でした。


本5

趣味の読書 その7

Category : 読書
昼間の暑さは相変わらずで、真夏日が続いており又熱帯夜も、継続中です。
夜になると、裏庭から「スズムシ」の声が聞こえるようになり、それなりに
季節が進んでいっている様です。
この暑さの中で、読書もなかなか進みませんが、それでも深夜になると
本の内容が一気に、頭の中に入って来て、ページも進みます。
これも、明日は仕事をする心配のないという、リタイアした者の特典かも知れません。


前回で、紹介した「狼叫」(ランチャオ)の馬賊三部作の第一作目「頭弾」です。
満州の戦災で孤児となった、美少女柴火(さいか)がある切っ掛けで、馬賊の一員となり
そこで、徐舜(じょしゅん)と一緒になった。満州国軍司令官の伊達順之助との撃ち合いで
徐舜が足を撃たれ、又自分のモーゼル銃の暴発で、片目を失った。
柴火は、幾多の戦闘でも弾が当たらないので、いつしか「仏子」(フーズ)(神仏の遣わせし子)
と呼ばれるようになった。
関東軍に追い詰めれていく抗日義勇軍は、仲間の馬賊が次々に倒されていく。
宿命のライバルとなった、伊達順之助と柴火との対決やいかに・・・・・。


本1


趣味の読書 その3(7/29)で紹介した「並木拍子郎 種取帳」の第一巻 「一の富」です。
芝居町の料理茶屋「和泉屋」の娘 おあさ 板前顔負けの料理上手で言葉遣いも荒っぽい
江戸っ子の娘ながら、五瓶の家で出会った拍子郎に思いを寄せるようになる。
富くじの一番くじと人の幸せとを重ねあわせて描いた「一の富」他4編の短編連作です。


本2


「並木拍子郎 種取帳」第二作目の「二枚目」です。
影の薄い二枚目役者が金を必要とする理由と、殺人事件の真相は・・・。
歌舞伎の世界では、昔から右から二枚目の看板が若手の花形役者、三枚目は道化役と
決まっていて、左端に座頭の看板が置かれていた。
先に人気の出た、二枚目役者・染川十三郎を、同年輩の市川此蔵と中村長右衛門が
十三郎が、長右衛門を刺し殺した様に見せかけて、騙して金を強請るという話です。



本3

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: