FC2ブログ

プロフィール

ホンブチョウ

Author:ホンブチョウ
1947年生まれ、趣味が読書の
団塊の世代です。
ネットの話題を、紹介します。
リンクは、フリーです。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新コメント

最新トラックバック

最新コメント

趣味の読書 その382 魅力的な方言ランキングと、関西人が共通語だと思い込んでいた方言

Category : 読書
魅力的な方言ランキングと、関西人が共通語だと思い込んでいた方言
1位は福岡県で、おしゃれで可愛い女性が多いと言われており、方言も可愛い。「何しているの?」と聞くときは「何しよっと?」、「もう寝るね」と言うときは「もう寝るけん」など、ゆるくおっとりした話し方が特徴的。2位は京都府で、「~してはる」「~やわ」といった上品な語尾が印象的で、ゆるりとしたイントネーションが特徴的。3位は大阪府で、女の子が自分のことを「うち~」と喋るのに魅力を感じる男性が多い。また、Jタウンネット調べでは、関西人が共通語だと誤認していた言葉で、「めばちこ(ものもらい)」はロート製薬によれば、「めばちこ」は兵庫のほか大阪、奈良などを中心に使われている言葉で他府県人には通じない。大阪人がよく使う言葉の「ほかす(物を捨てること)」も同じように通じない。その他にも、日常よく使う「半時間(1時間の半分)」もダメなようです。「モータープール(駐車場)」や、物を貸し借りするときの「かってきた(借りてきた)」が、買ってきたと間違われたことも、過去の経験上ありました。事程左様に、思い込んでいた事が全く通じなかったのは、営業で大阪以外の土地へ出張して初めて体験したことが、懐かしく思い出されました。


方言1

方言2


越王句践は、呉を破らんと奇策を練っていた。林野に船を運び、五湖を渡って呉都を急襲するという大戦略だ。しかし側近の范蠡は、呉には重臣・伍子胥の秘策があるのではないかと胸騒ぎをおぼえる。国家の命運を賭した戦いに勝つのは、呉か越か。二千五百年の時を超えて鮮やかに蘇る春秋歴史絵巻、緊迫の范蠡篇!
(「BOOK」データベースより)

宮城谷/昌光(みやぎだに まさみつ)
1945年愛知県蒲郡市生まれ。『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を、『重耳』で芸術選奨・文部大臣賞を、『子産』で吉川英治文学賞を受賞。中国古代に材をとった歴史ロマンの第一人者。小説、エッセイの著書多数。2006年に紫綬褒章、’16年に旭日小綬章を受章した.。古代中国の歴史小説家で、王朝や武将の名前しか知らず、彼の本を読んで少しは古代中国歴史が分かる様になりました。


本1


蕎麦が不味いので有名な「恵比寿蕎麦」を切り盛りする(?)銀太、秀次の兄弟。幼馴染の貫三郎が、色っぽい後家に言い寄られてると知って気が気でない。なんでも、首筋に赤い蝶の痣を持つこの女、亭主が次々に死ぬんだという。さらに、兄弟にとって因縁浅からぬ闇の組織・三日月会が、意趣返しに動き出す。
(講談社BOOK倶楽部より)


本2


新規オープンする美術館の目玉の一つ、葛飾北斎の肉筆画に贋作疑惑が浮上した。江戸と現代で二重生活を送る元OLの関口優佳=おゆうは、真贋をはっきりさせるため、江戸で直接北斎に尋ねてみることに。しかし、調査を始めた途端、絵の売買にかかわった仲買人が死体で発見された。同心の伝三郎たちから疑惑を持たれながらも、おゆうは現代科学と北斎の娘・阿栄の助けを借り、事件を追いかける。
(「BOOK」データベースより)


本3

趣味の読書 その381 大阪の老舗銭湯「昭和湯」の、パロディ「のぼり」が面白い!

Category : 読書
大阪の老舗銭湯「昭和湯」の、パロディ「のぼり」が面白い!
Jタウンネットより紹介。この「のぼり」を出しているのは、1928年(昭和3年)に創業した老舗浴場「昭和湯」(大阪市)だ。ツイッターユーザーのたけぽんFX(@TakeponFX)さんが2020年1月2日に写真を投稿したところ、大きな反響を呼んでいる。「びっくりセントー」「オフロー」「フロ貴族」「天下一フロフロフロ」など、どっかで聞いたことのあるキャッチフレーズの「のぼり」がずらりと銭湯の表看板になっている。昭和湯がこのような「のぼり」を立てるようになったのは5年ほど前から。店のロゴに限らず、「お湯も心も満タンに」「安心してください沸いてますよ」など、某CMのサウンドロゴや芸人の持ちネタもパロディ化していた。これを出している理由は、マンションの1階にあるが、銭湯と分かりにくかったためらしい。大阪府内の銭湯は、昭和44年の2531軒が最大で平成30年には517軒まで減少した。最近は家庭内風呂が当たり前だが、団塊の世代の子供時代は家に風呂がなく、銭湯へ行くのが当たり前だった。大阪の銭湯の多くが、北陸地方出身者で占められ初代が成功すると、故郷の親族や知り合いを呼び寄せたらしい。あとから来たそれらの人々達が「のれん分け」のかたちで、軒数が増えていった歴史があった様です。


(画像はたけぽんFX@TakeponFXさん提供)
風呂1

風呂2


夕暮れの街かど―ふと曲がった先に揺れる「ゆ」ののれん。薪を焚く香りがほのかに漂い、風呂道具を抱えた人たちが三々五々やってくる…。そんな懐かしの風呂屋が、いま猛烈な勢いで日本中から消えている。江戸時代からの伝統を受け継ぎ、関西各地に現存する貴重なレトロ銭湯で、今宵ひとっぷろとまいりましょう。今ならまだ間に合う!昔ながらの風呂屋47選。
(「BOOK」データベースより)

松本/康治(まつもt こうじ)
1962年、大阪生まれ。出版社勤務を経て、1987年に医療系出版社「さいろ社」設立。「関西の激渋銭湯」「神戸の銭湯」「激渋食堂メモ」などのサイトを主宰するほか、銭湯ファンの仲間たちと「ふろいこか~プロジェクト」を立ち上げ、銭湯を勝手に応援している。なかでも、まちあるきと銭湯体験を合体させたミニツアー「関西てくてく銭湯」が人気。本の中には、筆者が知っている銭湯が複数軒あり、懐かしく思い出しました。


本1


幕末の沖縄を生きた空手家・松茂良興作。一度見た「手」をほぼ記憶するという特異な才能を備えた彼は、刀を振るう薩摩藩士に手ぬぐいで立ち向かうなど、数々の武勇伝を持ち泊手の達人へと成長する。やがて明治維新の荒波が沖縄を襲い、琉球王国がヤマトに消滅させられると、興作は反ヤマト派の活動を始めるが―。空手の真髄と沖縄のあるべき姿を追い求めた男の、波瀾の一代記!
(「BOOK」データベースより)


本2


我、信長を籠絡せり。主君の力量を見極め、弱点を探り、全力で取り入る。猿面の下に隠した野望。太閤秀吉、史上最大出世の秘密。猿に似た醜い容姿。武勇に優れるわけではない。智謀に長けているわけでもない。そんな秀吉が、なぜ信長に重用されたのか。そしてなぜ天下人になり得たのか。信長自身が信長の人生を語る――驚きの着想で好評を博した『信長私記』に続く第二弾。今度は秀吉が自らの謎を明らかにする!
(amazon.co.jpより)


本3

趣味の読書 その380 日本の首都「華の東京」VS西日本一の大都市「大阪」の比較

Category : 読書
日本の首都「華の東京」VS西日本一の大都市「大阪」の比較
令和2年の穏やかで、暖かかった3ケ日も過ぎ去り、世間では日常生活が戻ってきました。何かと比較対象される「東京」VS「大阪」の違いを並べてみると面白い。東京都の人口は2019年3月1日現在で13,857,129人に対して大阪府の人口は8,817,436人で日本の総人口の1割以上が東京に集中している。かつては、食品会社、繊維会社、商社、金融機関など大阪に本社を置く企業も多かったが、戦後は、政治も経済も東京一極集中が進み、企業も次々と東京に本社を移した。特に総合商社は、財閥系の三井・三菱以外は、関西発祥で伊藤忠商事・丸紅・トーメン(現・豊田通商)・ニチメン(現・双日)・兼松の5社は繊維系の総合商社であり、日商岩井(現・双日)のみが鉄鋼系の総合商社である。気質的にも東西の違いが顕著であり、東京人は冷たいと言われ、大阪人は人懐っこく、人情味があると言われている。繁華街を見ても、大阪のゴテゴテした看板だらけの「道頓堀」に対して東京の「渋谷」の方がずっとスマートでオシャレな感じがよく分かる。たまに東京に行くと、人口密度の多さと、外国人の多さには圧倒される思いです。それと諸物価の高さは行くたびに感じられ、食べ物一つを取ってみても大阪では「安くて旨い」が評価され、東京の様に高級な料理は評価されない傾向があります。新幹線で僅か3時間弱の距離で、アメリカや中国の大都市間の距離からみると、遥かに近い距離の都市で、歴史の違いからか、はっきりとした違いが歴然とある事は事実で面白いと感じています。


渋谷

大阪


あのルートを、たった一人で、しかも名もない日本人が登れるわけがない―アラスカからヒマラヤへ、数々の難壁に初登攀の足跡を残してきた新進気鋭のアルパインクライマー奈良原和志が、そんな周囲の雑音をよそに、初めて目指した8000メートル峰が世界第四位のローツェ、しかも最難関の南壁ルートだった。そこは伝説的な登山家トモ・チェセンの“疑惑の登頂”の舞台として、いまも世界の登山界で語り継がれる因縁の壁でもある。心の通い合う仲間に支えられ、いわれない妨害を受けながらも、心の師であるトモの初登頂の真実を証明すべく、和志は自らの限界を超えて世界屈指の壁に立ち向かうが…。
(「BOOK」データベースより)

笹本稜平(ささもと りょうへい)
1951年、千葉県生まれ。立教大学卒。出版社勤務を経て、2001年『時の渚』で第18回サントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。04年『太平洋の薔薇』で第6回大薮春彦賞を受賞。ミステリーや冒険謀略小説をはじめ、警察小説、山岳小説の名手として絶大な人気を誇る。著書に『未踏峰』『南極風』『分水嶺』(以上、祥伝社文庫)『還るべき場所』『春を背負って』『その峰の彼方』『大岩壁』『偽装』など多数。山岳小説も面白いが、そっちの方面は門外漢のため、筆者としては警察小説の方が数段面白い。


本1


東京・六本木で五十口径もの拳銃を使う殺人事件が相次いだ。被害者はすべてアラブ系人種。傭兵・藤堂浩志はイラクで横行する狂気の「人間狩り」を想起した。日本で何が起ころうとしているのか?折しも一月後、G8地球サミットのため、各国要人が日本に集結する。CIA、米陸軍特殊部隊も暗躍する中、浩志率いる傭兵部隊が始動する!驚愕のアクション巨編、第三弾。
(「BOOK」データベースより)

渡辺裕之の「傭兵代理店」シリーズは、同姓同名の俳優の渡辺裕之が、「映像化されたら、必ず出演したい。比類なきアクション大作である」と絶賛した、元刑事の傭兵・藤堂浩志と彼の仲間たちのシリーズでお薦めものです。


本2


アメリカ、カリフォルニア。傭兵・藤堂浩志と恋人・美香の姿がそこにはあった。半身不随となってしまった美香の治療のためにやって来たのだ。だが、突然何者かに病院を襲われ、美香の治療が妨害されてしまう。そこから、CIA、ストリートギャング、そして世界最強の謀略機関ロシアのFSBまでもが加わり、熾烈な市街地戦が始まった。壮大無比の第九弾。
(「BOOK」データベースより)


本3

趣味の読書 その379 2019年今年の、10大ニュースランキング!

Category : 読書
2019年今年の、10大ニュースランキング!
今年も、あとわずか1週間を残すのみとなり、新年を迎えようとしています。元号が「平成」から「令和」に改元され、皇太子徳仁(なるひと)親王殿下が5月1日午前0時、第126代天皇に即位された。新天皇陛下は59歳2か月で即位され、生年月日の記録が残る8世紀後半以降の天皇では、2番目に高齢での即位となる。今年もその他いろいろな出来事があり、読売新聞の10大ニュースを紹介します。
【1位】天皇陛下が即位。「令和」に改元
【2位】ラグビーW杯日本大会開幕、日本8強
【3位】京都アニメーション放火、36人死亡
【4位】消費税率10%スタート
【5位】東日本で台風大雨被害、死者相次ぐ
【6位】ノーベル化学賞に吉野彰氏
【7位】沖縄・首里城が焼失
【8位】ゴルフ・渋野日向子が全英女子優勝
【9位】マリナーズ・イチローが引退表明
【10位】徴用工問題で日韓関係悪化

筆者自身の一番印象に残った出来事は、改元もさることながら、6位のリチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰さんの、ノーベル賞受賞でした。


パレード

ラグビー1


吉川英治文学賞受賞作「悪道」のシリーズ全5巻の完結編。伊賀忍者の末裔・流英次郎率いる一統は、徳川綱吉の死を秘し、その座にある当代影将軍に仕え、隠密の護衛役を務めている。その影将軍が後代家宣に将軍職を譲ることを決意。すると、それをきっかけに、幕閣、大奥、さらには徳川親藩の思惑と野心が交錯する、血なまぐさい抗争が勃発した。英次郎ら一統は、闇の世界で刺客らと刃を交えつつ、陰謀の全容を暴く。
(amazon.co.jpより)

森村 誠一(もりむら せいいち)
1933年埼玉県熊谷市生まれ。青山学院大学卒。9年余のホテルマンの生活を経て、1969年に『高層の死角』で江戸川乱歩賞を、1973年に『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞を受賞。1976年、『人間の証明』でブームを巻き起こし全国を席捲、『悪魔の飽食』で731部隊を告発して国際的な反響を得た。『忠臣蔵』など時代小説も手がけ、精力的な執筆活動を行っている。2004年、日本ミステリー文学大賞を受賞。デジタルカメラを片手に俳句を詠む表現方法「写真俳句」も提唱している。2011年、講談社創業100周年記念書き下ろし作品『悪道』で、吉川英治文学賞を受賞する。2015年、作家生活50周年を迎えた。昭和8年生まれで、1月誕生日のため年明け早々、満87歳になる。ホテルのフロントマンから、作家になった変わった経歴を持つ森村誠一だが、息の長い作家生活でもある。『人間の証明』で、人気作家の仲間入りをした。時々読んでいます。


本1


東京・渋谷で銀行員が少年数人に襲われ、金を奪われる事件が起きた。新設されて間もない神南署の安積警部補たちは、男の訴えにより捜査を開始した。だが、数日後、銀行員は告訴を取り下げてしまう。一体何があったのか?そして今度は複数の少年が何者かに襲われる事件が。二つの事件を不審に感じた刑事たちが、巧妙に仕組まれた犯罪に立ち向う!ベイエリア分署シリーズの続編、待望の文庫化。
(「BOOK」データベースより)


本2


「関わりのねえことでござんすよ」浮世の義理に背を向けて、無宿者の渡世人は峠を目指して街道を駆ける。「生きるのがいやになりやしてね」捨てたはずの人情で、渡世人は弱き者のため、疾風のように駆け戻る…。哀しくも鮮やかな生き様の男たち。
(「BOOK」データベースより)


本3

趣味の読書 その378 2019年の印象に残った、スポーツニュース、ランキング

Category : 読書
2019年の印象に残った、スポーツニュース、ランキング
調査は、J:COMの投票機能を使って12月2日~12月9日に実施し、男女528人から回答を得た。ランキング1位になったのは「ラグビーW杯で日本が8強進出」で、35%。以下2位「渋野日向子、全英女子OP42年ぶり優勝」(19%)、3位「イチローが現役引退」(16%)、4位「野球のプレミア12で日本が初優勝」(8%)、5位「ボクシング井上尚弥がWBSSで優勝」(7%)、6位「大坂なおみ、全豪オープン初優勝」(6%)、7位「八村塁、NBAドラフト一巡目で指名」(4%)、8位「夏の甲子園、履正社が令和初の頂点」(3%)、9位「ウッズがマスターズ&日本初開催試合で優勝」(2%)、10位「陸上のサニブラウンが9秒97で日本新」(1%)と続いた。確かに、今年も色々なスポーツニュースがありましたが、1位のラグビーの日本代表の活躍は初めてのベスト4進出もあり、「ONE TEAM」が流行語大賞になった。2位の女子ゴルフ界人気ナンバー1の渋野日向子選手は、スマイリングシンデレラ/しぶこの愛称がついた。3位のイチローは、現役引退が大きなニュースになり「後悔などあろうはずがありません」の引退会見での言葉が、流行語選考委員特別賞にもなった。来年2020年は、ビックイベントの東京五輪が開催され、また今年以上のスポーツニュースが話題になりそうで、大いに期待しています。


日本代表

シブコ

イチロー


順調にキャリアを重ねてきた神奈川県警捜査一課課長補佐の萩原哲郎に突然の異動命令が下された。行き先は鎌倉南署。それも署長としての赴任。異例の昇格人事の裏には事情があった。それは女性前署長の不審死の謎を解くこと。署内の結束は固く、協力者を得られないまま、孤独の秘密捜査を始める萩原。そして忘れ去られた過去の未解決殺人事件との関連が浮上して。
(「BOOK」データベースより)

堂場/瞬一(どうば しゅんいち)
1963年生まれ。茨城県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務のかたわら小説を執筆。2000年『8年』で第13回すばる新人賞を受賞。警察小説をはじめスポーツ小説など多彩な分野で活躍。堂場 瞬一のスポーツ小説もいいが、どちらかと言うと警察小説のほうが数段面白く、いつも読んでいる作家です。


本1


元刑事の鯨井義信は、電車内で黒服の男たちに囲まれたOLを共に救ったことをきっかけに、同世代の紳士たちと親交を深める。彼らは戦場カメラマンや新聞記者など、社会の第一線で戦いながらも、己の信念によってその職を退いた者たちだった。現役時代に磨いた知識と技術を基に、黒服集団の謎に迫る鯨井たち。そこには、悪辣な政財界の思惑がうごめいていた―。武器は経験、自由、そして覚悟。リタイア後の男たちが巨大権力に挑む!巨匠が贈る、圧巻のロマンチック・ミステリー。
(「BOOK」データベースより)


本2


東日本大震災から一年以上経過しても、復興は遅々として進まず、被災者は厳しい現実に直面し続けている。それでも、阪神・淡路大震災で妻子を失った教師がいる小学校では、明日への希望が芽生えはじめていた―。『そして、星の輝く夜がくる』に連なる、二年目を迎えた被災地、奇蹟の祈り。生き抜く勇気に出会う珠玉の連作短編!
(「BOOK」データベースより)


本3

団塊の世代 集まれ!

訪問者数

ブログランキング

ブログランキングに参加してます。

FC2Blog Ranking

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: